シャルクレール

シャルクレールブライダルジュエリー

婚約指輪・結婚指輪等、ダイヤモンド、各種ジュエリーの専門店

サポート よくあるご質問
ショップ紹介 / スタッフブログ
サイトマップ / プライバシーポリシー
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ

スタッフブログstaff blog

  • 【宇都宮市】アレキサンドライトの歴史

    【アレキサンドライト】

    ロシアで「皇帝の宝石」と呼ばれているアレキサンドライト。実に奇跡のような宝石です。
    「昼間のエメラルド」、「夜のルビー」といわれるアレキサンドライトは
    日光の下では緑がかった青から深緑にみえ
    ロウソクの火に照らされるとすみれ色や深紅、赤紫色、紫色、あるいはオレンジに見えます。
    とっても希少価値があり、見事に色を変え、耐久性が高く、世界的に最も求められている宝石です。

    1830年、ロシア帝国ウラル山脈東側のトコワヤのエメラルド鉱山で発見された鉱物です。
    発見当初はエメラルドと思われていたのですが、昼間の太陽光下では青緑、
    夜の人口明下では赤へと変色化をおこすほかの石には見られない性質が発見され、
    ロシア帝国ニコライ1世に献上されました。
    このロシア皇帝に献上された日が4月29日皇太アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったため、
    この非常に珍しい宝石に

    アレキサンドライト

    という名前が付けられたとしています。

    アレキサンドライトの主な産地は、ブラジル・スリランカ・ロシア・ミャンマー・インド・タンザニア・マダガスカルなど。その中でもクオリティーの高いものが多く産出されることで有名なのがロシアです。

    アレキサンドライトは最強のお守りとされています。

     

     

  • ウエディングジュエリー
  • ダイヤモンド
  • カラーストーン
  • 真珠
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ