シャルクレール

シャルクレールブライダルジュエリー

婚約指輪・結婚指輪等、ダイヤモンド、各種ジュエリーの専門店

サポート よくあるご質問
ショップ紹介 / スタッフブログ
サイトマップ / プライバシーポリシー
FOLLOW US
instagram Facebook Twitter YouTube
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ

スタッフブログstaff blog

  • ジューンブライドの由来とは?

    誰もが聞いたことのある『ジューンブライド』。花嫁さんにとっては、結婚式をする上で一つの憧れ、でもありますよね。ただ、6月に結婚式をすること以外、よく知らないなんて方も多いもの。実はジューンブライドには深い由来や意味があります。

    ジューンブライドの由来とは?

     

    ジューンブライドは、元々ヨーロッパの言い伝えから生まれたものです。

    海外の歴史(諸説あり)

     

     

    諸説ありますが、一番有力なのはローマ神話の女神・ユノ(Juno)を由来とする説。
    ローマ神話の女神ユーノーは、ギリシャ神話のヘラと同一視された女神です。結婚、出産の女神で女性の守護神でもあります。ユーノーは英語読みでジュノーであり、その名を冠して6月はJuneとなりました。そこから、結婚の女神の名前を掲げた6月に結婚することで、ユーノーの加護によって幸せになれるという言い伝え、ジューンブライドが生まれたのです。

    英語の6月、Juneの語源ともされているそう。
    そこから人々には、「6月に結婚すると幸せな結婚生活を送ることができる」と伝えられてきました。他にも、6月より7月の方が降水量が多く、意外に天候に恵まれる日が多いという説や、結婚解禁月説などがあり、色々と結婚式にまつわる説が多い事が『ジューンブライド』という言葉の由来になっているようです。

    ジューンブライドが日本で普及され始めたのは50年ほど前だそうです。
    それまで6月は梅雨のイメージが強く、結婚式が少なかったんだとか。そこに目をつけたのがホテル業界。
    海外のジューンブライド文化を元に、戦略として「6月の花嫁さんは幸せになれる」という言い伝えを日本に広め、そこからジューンブライド文化が成り立っていきました。

    日本では、過ごしやすい春と秋が結婚式の人気シーズン。6月は結婚式があまり多くありません。そのため、割引をしている結婚式場も多いのがメリット!費用を抑えたいカップルには最高の条件とも言えます。

     

     

     

  • ウエディングジュエリー
  • ダイヤモンド
  • カラーストーン
  • 真珠
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ