シャルクレール

シャルクレールブライダルジュエリー

婚約指輪・結婚指輪等、ダイヤモンド、各種ジュエリーの専門店

サポート よくあるご質問
ショップ紹介 / スタッフブログ
サイトマップ / プライバシーポリシー
FOLLOW US
instagram Facebook Twitter YouTube
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ

スタッフブログstaff blog

  • 白い輝きの三大カッターモニッケンダム

    なじみのある日本の歴史と違い、なかなか知る機会がない海外ブランドの歴史。

    そこで今回は〝世界三大カッター”のうちのひとつ、モニッケンダムのお話をしたいと思います。

    【モニッケンダムの初代ルイは、マスターカッター】

    ルイ・モニッケンダムは当時のダイヤモンド流通の中心地アムステルダムで卓越した技術を身につけマスターカッターとして認められており、1890年ダイヤモンドカッティング会社としてモニッケンダムを創立しました。

     

    アムステルダムでモニッケン社の技術は高く評価されましたが、時代は第一次世界大戦へと突入し、1914年にルイは英国への移住を決意します。

     

    宝石商の街ハットンガーデンに本社を設立。王室の別荘地としても有名な街、ブライトンにカッティング工場を作りました。自らの高度な技術を英国の職人へ伝えることで、高品質なモニッケンダムダイヤモンドをつくりつづけ、彼の情熱は英国のダイヤモンド産業の発展へ大きな役割を果たすこととなります。

     

    【受け継がれた初代の想い】

    モニッケン社は2代目アルバートにかわり、ルイのダイヤモンドに対する想いを受け継ぎ「原石に命を与える」を掲げました。

    “美しい原石を生命の輝きを放つダイヤモンドへ”とカッティングすることに邁進します。

    1920年に社名を A.MONNICKNDAM.LTDとし、ニューヨークの5thアベニューの支社も設立。世界へ向けて英国発のダイヤモンドを展開していきます。

     

    アルバートはカッティング技術の向上に努め、優秀なカッターを育て続けました。そして、美しいダイヤモンドを作るにふさわしい設備の工場を新築し、その専門的な技術は業界でも高く評価されつづけています。

    1929年デビアスがCSO(中央販売機構)をロンドンに設立したとき、サイトの原石を入手した最初の顧客がアルバートでした。上質な原石を見極め、命を与えるようにカッティングしたダイヤモンドは世界の名門ジュエラーへ提供するようになりました。

     

    【世界初のダイヤモンドグレードを考案】

    1938年モニッケンダムが世界で初めて、ダイヤモンドのカラーとクラリティの品質を表示する格付けシステムを考案しました。

    カラーはアルファベットで「A」から始まり、クラリティは数字の「I」から格付けしていました。現在ダイヤモンドのグレーティング基準「4C」を設立したGIA(米国宝石学会)がカラー評価を「D」から始めたのは、先んじて考案していたモニッケンダムの「A」からに敬意を表してのこと、と言われています。

     

    【女王様のダイヤモンド】

    1948年、エリザベス女王のご結婚のお祝いに寄贈されたダイヤモンドの原石をモニッケンダムがカット。

    見事なエメラルドカットに仕上げられたダイヤモンドは世界中より称賛を受けました。英国王室との関係は続き、“現在の王冠に輝くダイヤモンドのリカットはモニッケンダムにしかできない仕事”と評価され英国王室からの信頼を高めました。

    ダイヤモンドがを真上から見ると、サークル上に磨き上げられたガードルまでもがまるで美しい光りの輪のように感じられることから サークル オブ クラスターと名付けられ、モニッケンが初めて開発した技術です。

    1988年にはアルバートの息子、アーサーが入社し、ダイヤモンドの深い知識をまとめ執筆。世界でも認めらエリザベス女王から、「英国産業賞」を授与されました。

    1981年直径の4代目のオーナーに代わり、今もなおポリシーを守り続けています

     

    2008年に希少性の高いブルーダイヤの原石が南アフリカで発掘された時にも、カッターとして選ばれたのはモニッケンダムでした。何か月にもわたり練られたプランでカットされ磨きあげられたダイヤモンドは、7.03ctのクッションカットに仕上げられました。

    カットされたのち、このダイヤモンドはファンシービビッドブルーのクラリティはIF(インターナリーフローレス)という極めて希少であることがGIAにより証明されました。ジュネーブで開催されたサザビーズのオークションでついた落札価格は9億1600万。無傷の美しさと卓越したカットは高く評価されました。

     

    まばゆい“白い豊潤な光” 身に着ける人に輝きを贈るモニッケンダムダイヤモンド

    是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

     

     

     

     

  • ウエディングジュエリー
  • ダイヤモンド
  • カラーストーン
  • 真珠
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ