シャルクレール

シャルクレールブライダルジュエリー

婚約指輪・結婚指輪等、ダイヤモンド、各種ジュエリーの専門店

サポート よくあるご質問
ショップ紹介 / スタッフブログ
サイトマップ / プライバシーポリシー
FOLLOW US
instagram Facebook Twitter YouTube
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ

スタッフブログstaff blog

  • 鍛造(たんぞう)とは何か、ご存知ですか?

     

    鍛造(たんぞう)とは何か、ご存知ですか?

    大多数のジュエリーは「鋳造」(ちゅうぞう)という、溶かした金属を型で冷やし固める製法で作られています。
    例えるならば、溶けたチョコレートを型に流して冷やし固めるようなイメージです。
    それに比べて「鍛造」(たんぞう)は、刀匠が金属をなんども叩いて圧力を加え、強靭な刀を作り上げる製法と同じ原理です。
    その製法の違いから、鋳造と鍛造では金属の密度や強度に大きく差が出ます。

    鍛造(たんぞう)とは、金属を加熱して叩くなどして圧力をかけ、金属を鍛えながら成型する製法です。
    (金属には、叩いたり延ばしたり曲げたりすることで硬くなる性質があります)
    圧力を加えて作る過程で金属中の気泡が抜けるため、非常に滑らかな美しい仕上がりとなり、
    金属の密度が高くなるため、抜群の強度をもった結婚指輪に仕上がります。

    鍛造

    DIFFERENCE

    鍛造と鋳造の違い

    鋳造(ちゅうぞう)

    鋳造(ちゅうぞう)

    金属を高温で溶かし、型に流しいれ、冷却してから外す製法です。
    (チョコレートを溶かして型に流し込むイメージ。)

    長所

    • デザイン的な制約が少ないので表現に幅がある
    • 製造コストが安い(多くの宝飾品が鋳造で作られている)

    短所

    • 溶かして固めただけなので金属の密度が低く、強度としては弱い
    • 金属を流し込む際に気泡が入ってしまい、表面に凹凸ができやすい。

    鍛造(たんぞう)

    鍛造(たんぞう)

    金属を加熱して叩いたりして圧力をかけて、金属を鍛えながら成型する製法。
    金属には、叩いたり延ばしたり曲げたりすることで硬くなる性質があります。
    (刀匠が金属をなんども叩いて圧力を加え、強靭な刀を作り上げるのも、同じ鍛造)
    バンビジュエリーでは専用の機械で金属を鍛えます。
    現代的な設備と、それを扱う熟練の技術によって一生ものの結婚指輪がうまれます。

    長所

    • 叩いたり延ばしたりして圧力を加えて作る過程で、中の気泡が少なくなるので非常に滑らかな美しい仕上がりになる。
    • 圧力をかける工法のおかげで、金属の密度が高くなり抜群の強度を誇る。

    短所

    • 制作に時間とコストがかかる
    • デザイン的な制約がある。(作れるデザインと作れないデザインがある。)

    STRENGTH

    鍛造の強度

    製法の違う、同じ形の指輪に力を加えて、ゆがんだ距離を比較しました。

    鍛造(たんぞう)

    鍛造(カット)の強度は鋳造(キャスト)の約2倍以上でした

     

  • ウエディングジュエリー
  • ダイヤモンド
  • カラーストーン
  • 真珠
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ