シャルクレール

シャルクレールブライダルジュエリー

婚約指輪・結婚指輪等、ダイヤモンド、各種ジュエリーの専門店

サポート よくあるご質問
ショップ紹介 / スタッフブログ
サイトマップ / プライバシーポリシー
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ

お知らせ&
キャンペーン情報News & Campaign

お知らせキャンペーン

サムシングブルー 結婚指輪入荷のおしらせ

シャルクレール取り扱い結婚リングに【サムシングブルー】が新しく加わりました!

全てのリングの内側にそっとブルーサファイヤが入っている可愛らしいデザインのシリーズです♪

 

欧米では花嫁がより幸せになるためのジンクスとして人気のある<サムシングブルー>

<サムシングブルー>とは何か。なぜ全てのリングにブルーサファイヤが入っているのかも含めて、簡単にご説明させていただきます♪

 

<サムシングブルー>とは…

ルーツはイギリスやアメリカなど、英語を母国語とする国で昔から子供たちへ語り継がれてきた童謡“マザーグース”

マザーグースの物語の中で語り継がれてきた、花嫁が幸せになるための<おまじない>。それが<サムシングフォーとよばれるものです。

 

<Something old,>

なにかひとつ古いもの

<something new,>

なにかひとつ新しいもの

<Something borrowed,>

なにかひとつ借りたもの

<something blue,>

なにかひとつ青いもの

<And a sixpence in her shoe.>

そして靴の中に6ペンス銀貨を

 

“古いもの”は、祖先から幸せを受け継ぐという意味で母や祖母から“なにか”を譲り受ける。

“新しいもの”は、これからの新しい人生を踏み出すために、新しい“なにか”を。

“借りたもの”は、幸せな結婚生活を送っている親しい人から幸せのおすそ分けをしてもらうため、“なにか”を借りて。

“青いもの”は、青は聖母マリアを象徴し、純潔を意味すると言われている青色をした“なにか”を目立たないところに忍ばせることで、ずっと清らかな気持ちを持ち続けることを忘れないように。

最後の“6ペンス”は、これからの暮らしに富と繁栄がもたらされますように。花嫁の左の靴に6ペンス銀貨を忍ばせます。

サムシングブルーの指輪の内側にブルーサファイヤが埋め込まれているのは、【花嫁の永遠の幸せを願って】という青のおまじないです。

ふたりの結婚生活が幸せでより良いものでありますように。そんな願いが込められたシリーズです。

 

また、2021年2月1日までにサムシングブルーの指輪をご成約いただくと内側のサファイヤの隣に誕生石をプレゼント!

ぜひ店頭でご覧ください!

 

 

  • ウエディングジュエリー
  • ダイヤモンド
  • カラーストーン
  • 真珠
来店予約 リフォーム
相談
お問合せ